高橋倫平 とは俺のことだい!

<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

-

憂える。
この目に映ったモノ達に。
狭すぎる世界に絶望すら感じる。

きっと狭い世界にだってもっと凄いものがあるはずなんだ。

それに巡り会えていないんだ。

すべてが眩しかったあの時が懐かしい。

あなたの最高がわたしの最高ではないんだよ。

これは永遠の課題だ。
人生の三分の一を終えそうで、

残りの三分のニで何してやろうか。

と考える。

残り僅かだと言われたらあなたは何をしますか?
[PR]
by rinpei-710 | 2012-05-28 22:27 | 日々!!

そうすりゃ、自ずと色々なモノが生まれてくる

一昨日、一ヶ月ぶりにランニングしたのだ。

その前走ったのが、一昨日の一ヶ月前。

継続は力なりとは、本当によく言ったものだ。

久しぶりに走ったら、良い感じに筋肉痛だよ!

でも、今日も走った。

ほぼ同じルート、同じ距離。

一昨日よりは、楽に走れた。


やっぱり、一日30分でいいから、どんな時でも走れたらなと思う。


それ、希望!


最近、朝活推進中なので、22時くらいにはもう眠くなっちゃうの。

朝4時に起きて走るか?


超健康に良さそうだ。


心身の健康を維持したい。


そうすりゃ、自ずと色々なモノが生まれてくる。


体調管理が大切。


ロングランの公演で常に、ベストを出せるような身体作りをしておかないといけないのだ。

 
ロングラン。ロングラン。


劇団四季とか良くやるよなー どんな仕組みになってんだ?知り合いいっぱいいるけど、良く知らんな。。。


小劇場でのロングラン。あまり見られる代物じゃありませんよ。

よいしょっと作戦ねろ。
[PR]
by rinpei-710 | 2012-05-23 21:44 | おぼんろ

刺激的な色に染めていってやる。

ガキの頃は「勉強なんて!」とか思って外に出ては駆け回ってた。
いつも、けいどろ、ぽこぺん、サッカー、忍者の修行とか、全力で遊び回ってた。
今の子供達は、地面に座り込んでカードゲームとかやってるのを良く見る。

せめて、立てぇ!

技の名前を叫んで、カードを叩きつけろ!めんこじゃ、めんこの要領じゃ!
新しいモノの出現で、色々なモノが淘汰されていく。

はい、勉強の話です。
興味を持つって本当に大事。
興味を持てれば、嫌いだったモノさえ、好きになる。

興味を持て!と言われたからって興味が湧く訳じゃない。

でも
自分の知る世界とは違う世界を見ることができれば、さらに可能性を広げる事ができるはずだ。


今、本来とは違う状況にいる自分で、その状況を楽しめている。
そして
それをさらに良くしたいと、参考書とかを読んじゃったりしてる。
ちなみに昔買ったことのある参考書は「モテる技術」だった。あれも楽しかった

PCで検索するサイトだって変わってきてる。


興味深い。


自分の知らない知識を取り入れる事が楽しい。
それが身を結べば、さらに楽しいんだろう。


成功させるために、色々取り入れなくてはいけない。

しかし、ただ真似るのではなく、参考にしてオリジナルカラーをつくる。



刺激的な色に染めていってやる。



うっほ〜
金環日食〜!
すげぇ〜!
[PR]
by rinpei-710 | 2012-05-21 07:44 | 日々!!

そこにいる、あなた自身 がどうあるかなんだ。

毎月 家に届くJALの旅行雑誌「AGORA」
を読むのが好き。

旅に行けないけど、なんか旅をしている気分になるし、
旅しにいかないとー!!

と思う。
その雑誌の中に「われら地球人」という、世界で活躍する日本人を紹介するページがあるんだけど、

5月号の職業カッター(服。採寸したサイズから型紙に起す仕事)
鈴木健次郎さんの話がいい話。 きっと次男だな。

たいてい、海外で何かを成し遂げるのに、
苦労をしない人努力をしない人なんていない。
知り合いもいない、言葉も通じない、金もない、あるのは情熱だけなの。

やってやろう!って思いだけなの。

奥さんと二人でパリに渡ったけど、お金はなくなっていくばかり、

「早く一人前になって職につかないと帰国しなければいけない。限られた貯金から滞在する日数を逆算しての生活。カフェでの一杯もままならない。唯一の気晴らしの散歩では、カフェで楽しそうに寛いでいる人の様子が嫌でも目に入る。
「お茶でも飲んでいこうか?」と鈴木がいうと「私がおいしいコーヒーを入れるからうちに帰ろう」といつも連れ帰った。」

・・・なんて、できた奥さんなんだ!と。
持つべきものは素晴らしき伴侶ですね!


ちなみに、俺だったら、

「公園の芝生でビール飲もう♪」

という。きっとビールはカフェで飲むコーヒーより安くて美味しい。
だから家に帰らなくてもいい。
寒い季節なら大人しく帰りましょ!


「実力はあるのに、人種差別の為、上にあがることができない。努力しても超えられない人種の壁。」


でも、超えられるんだよね。
種類とかじゃないんだ。
肌の色とか違っててもいいんだ。


結局は その人間 なんだ。

そこにいる、あなた自身 がどうあるかなんだ。

全力でぶつかりあえばいいんだ。
[PR]
by rinpei-710 | 2012-05-17 17:06

限られている時間をどう使うか。

夜活動を充実させるために必要なことは何か、

失われた体力を回復すること!!!

と、20Bの電車賃で座れるかもわからないチケットではなく、
120Bの指定席を買ってやった!

3日目の続きラストバンコクナイト!

アユタヤからバンコクの車内で、爆睡して、すっきり回復!
ちなみに、フアランポーン駅こんな感じ↓チェンマイ行きの列車とかも出ている大きな駅でございます。
d0143449_1753975.jpg
d0143449_1755322.jpg



タイは、朝8時と18時かな?もしかしたら、もっとあるかもしれないけど、
宗教的なモノ?国家の何かで?で音楽がなり、みんな立ち出すのです。
d0143449_1761658.jpg


お国の違いだなぁ、と不思議な感じ。
日本は宗教でまとまっていないし、愛国心というものが、他国と比べて少ないと思う。自由ではあるかもしれないが、何かを信じる強さを持たない日本は、何かあっ
たとき、簡単に壊れてしまうんじゃないかなぁと思ったりする。

とりあえず、駅から、一度ホテルに戻って、シャワーを浴びて、仕切りなおし。
さて、再出発!
のホテル前。朝夕の渋滞のタイ。余裕で歩道をバイクが飛ばしていきます。
d0143449_1765048.jpg


4人乗り、ノーヘル、ノーシートベルトが当たり前。
自由だぜw

さて、遣り残したことは何か!?

食事ですよ。

まだ、全然食べれてない!
一つの店で、食事を終わらせるのではなく、色々な店を梯子して、色々な味を楽しむ!

だって、旅の楽しみはそれでしょ。それ!食事!食事!

と向かいました。
地元の人間にも大人気のカオマンガイ(鶏肉の乗ったご飯)
d0143449_1771218.jpg


確かに大盛況!で一皿いただいたのだけど、
マジ、激ウマ!しかもたったの30B=100円!

「この味は100円クオリティーじゃない…」

アユタヤで食べたランチを全部吐き出して、お金返してもらって、これを食べたいくらいだ。
高い金払っても、満足できなければ、何の意味もない。

ぶらぶら歩いて、ミンチの焼肉。餃子の種のような味で、これまた美味しい!
d0143449_1773663.jpg


次!
路上の席がほぼ満席だった店。
魚とから揚げをいただいた
d0143449_178697.jpg


これも、マジうまい!
アユタヤで食べたランチを…  はい!!

そして、
ここも地元客に大人気なのだろう!と見ただけでわかる、満席に近い屋台。
雨降ったら、みんなびしょびしょ確実のアウトドア。
そこで食べたスープ。
よくわからん草が沢山用意され、
食べてみたけど、草自体は美味しいといいがたい、草!
d0143449_1783193.jpg


まわりの地元客から、笑われながら、ぐつぐつ、スープに材料を突っ込んで、
いただきましたが、
これもまたうまい!

アユタヤで食べた…  はい!!!

塩焼きされた魚とか、他色々なものを食べたかったけど、お腹いっぱい過ぎて断念。
1日目も2日目も、これくらい充実した食生活を送ることができれば…
あぁ、もっと色々な食べ物が食べたかった。


デパートで、日本お持ち帰りようのタイのスープの素とか酒とかを購入して、
最後のイベント。
マッサージ!
手持ちのお金が、もう全然なくて、それでも入れる店!を探して、訪れた場所は。
d0143449_1785615.jpg


なんと、美容院w
d0143449_1791477.jpg


となりで髪を切っているお客さんがいたわww

他を味わってないからかもだけど、それでも十分気持ちよかった。
今思えば、フットマッサージをしてもらたんだけど、せっかくだったら同じ値段のタイマッサージをしてもらえばよかったなぁ。あまりの安さに興奮して、勢いとノリだったから仕方ないw

そんなこんな、
たった3日間ですけど、
やっていることは、3日以上。
そんな旅スケジュール。
限られている時間をどう使うか。大事です。

それは人生についても同じことが言えると思う。

今だからこそできるモノ事を、やる。

そうすれば、充実した日々を過ごせるわ。


次の日空港で、
450Bもするグリーンカレーと麺を食べた。高い!高すぎる!
d0143449_175619.jpg


空港に屋台あったら、きっと大人気になるんじゃないかなぁ。

以上!
タイ旅行記でございました!

日本にも屋台を~!屋台を~!!

コメント
[PR]
by rinpei-710 | 2012-05-16 17:09 |

空想の世界に飛んでいって、物語の一つや二つ生み出せる。

アユタヤ~!!!


列車に揺られること1時間40分くらい。
やってまいりました。
d0143449_1731394.jpg


観光地・世界遺産ということで、意外に町な感じ。
ふと気がついた。
酔っ払って寝てた二人組みの日本人の姿を見なかったけど、どこに行ったのかしらw

正午近くになっていたので、気温も上昇。
日向はなかなかの暑さです。
駅前でさっそく、「トゥクトゥク乗らないか?」とおじさんが聞いてきたけど、
トゥクトゥクより先に乗りたいモノがあったので、
そっちに乗った。渡し舟♪
d0143449_1742232.jpg


チープな乗り物が好きです!

一人旅だったら絶対にレンタル自転車を借りてた!

と反対岸に着いたら、さっきのおじさんが、ぐるっと追いかけて、待ち伏せしてた。ガイドブックに一時間300Bと書いてあったから、絶対200Bくらいに値切ってやると思っていたら、最初から

「1時間200B!」

なんか思わずOKしちゃった。
ランチがしたくて、

「いつもあなたが行ってる店に行ってくれ」


まさかのちゃんとしたレストランに連れて行かれた…
確かに毎日、観光客を連れてくるのかもしれないけど、、、
そういう意味じゃなかったんだけどな。
レストランなんて嫌いだ~!
屋台に連れて行け~!って言えばよかったぞ…

でも、リバーサイドで、普通の観光客なら喜ぶんだろうな。
d0143449_1745492.jpg


それより、おじさんが途中で買ってくれた。
クレープ生地にわた飴みたいのをはさんで食べるお菓子がすごく美味しかったぞ!
d0143449_1752980.jpg


最初に向かった遺跡

ワット・チャイ・ワッタラナム。

d0143449_1761116.jpg

ちょっと前にあった洪水の被害で、中に入っちゃいけないんだけど、
中の木陰で寝てる人もいるし、ちょっとワンショット。
d0143449_1773088.jpg


過去の栄華。400年栄えた都も今では。
この遺跡を見るだけで、
空想の世界に飛んでいって、物語の一つや二つ生み出せる。

日本で寺や神社を見るのとは違う。
存在が過去を夢想させるのだもの。


d0143449_178143.jpg



トゥクトゥクに揺られて、次に向かった場所。
ガイドブックに何の説明もない。地図に名前だけが載っていた。
ワット・プー・カオ・トン。



d0143449_1782428.jpg





ちょっと離れているから観光地化されていない場所なのだろう。
誰もいなかった。
唯一地元の子供の兄弟が何やらわいわいしていたけど、それがまた一興でした。

階段を登りきったとこから、アユタヤの町が見渡せた。

この近辺でこの場所が一番高い場所なのかもしれない。

日差しとか、刺すような暑さなんだけど、時たま吹く風がすごく気持ち良いの。

世界遺産の町のくせして、誰も来ない場所。


ひっそりと、そのひっそり感が最高だった。


次に訪れたのはここ↓

ワット・ロカヤ・スター
d0143449_17103657.jpg


寝てるブッタの像って意外と数があるんだよね。。。



お次は
ワット・プラ・シー・サンペット
d0143449_1711680.jpg
d0143449_17112119.jpg
d0143449_17114977.jpg




ここは、作業員のみなさまが修復作業に勤しんでいた。
d0143449_171273.jpg


雨風にさらされて、どんどんぼろくなっていってしまう。
だけど、まず最初にあったのは、ビルマ軍の侵攻にやって破壊されてしまったのだ。

d0143449_17123514.jpg

d0143449_17125995.jpg


ここにある遺跡すべてに観光の注意書きが書かれているんだけど、どうしちゃったの?ってくらい日本語が書かれている。
それほど、日本人がやってくるんだろうな。
お馬鹿な日本人たちが。
そう考えたら、日本って本当にある意味すごい国だ。

d0143449_17135060.jpg
d0143449_1714105.jpg



トゥクトゥクおじさんに全部連れて行ってもらった。
でも、実は手持ちにお金がまったくないことをいってなかったから、
チェンジの場所を見つけたときに、

「あそこによって~!」

と叫んだわwホント、帰りの列車賃もなかったからw

1時間200Bの3時間コースだったのに、

「4時間回ったから、800バーツです。」

そうきたか~!と思ったけど、面白い人だったから、OK!
d0143449_17143366.jpg


ホント、
人だよなぁと本当に思う。
どんな時間を過ごすことができたか。
その時間を安いと思うのか、高いと思うのか。

お決まりのビールでさらに満足。
d0143449_17145413.jpg


帰りの列車3時間遅れでやってくる列車に乗りましたw
d0143449_17151596.jpg



次のページで最後じゃ~!
アユタヤから帰還、ラストバンコクナイト!
こうご期待!
[PR]
by rinpei-710 | 2012-05-15 17:17 |

マイペース国鉄!!ローカルタイム!!!イエス!!!!

タイ3日目。
実質最終日。
ホテルを6時に出発。今日の朝は、早いぜ。

予定 世界遺産の「アユタヤ」に行く!

しかも、列車で!!

ツアーに参加して、バスでブーンって行って、日本語のうまいガイドさんの話を聴いて、ブーンって帰ってくる。

…ふー。

刺激が足りなすぎる!なんだ、その楽さは!そんな安全パイいらないんだよ!
と昨日の水上マーケットツアーに参加した自分を非難する。いや、、本当は、ロットゥ(乗り合いバン)に乗って、メークロン駅までいって、そこからバスで移動して、アムパワーってうタイ人が集まる水上マーケットに行くって言う計画練っていたんだけど、アムパワーが金土日しかやってないって知りまして… 

はい!

国鉄の発着駅のフアランポーン駅に向かいました。
初日にこの駅で時刻表をもらっていたので、乗る電車は決まっていました。
チケットもすぐに買え、←これがまたクソ安い!たったの20B!地下鉄の一駅分と同じくらい!
d0143449_6591372.jpg


タイの列車は時間通り出発しません。というのが常識らしく、案の定ちょっとおくれてきた列車に乗り込みました、
自由席と思って座っていたら、「そこ私の席」と言われ、移動。
移動した席にも違う人が来て「そこ自分の席」
チケットを見せてもらったら、みんなチケットにシートNo.が書いてあるのに、こっちのには書いていない。駅員に聞いたら、「フリー!」って。
…指定席のチケットを持ってる人が来るまでは、そこに座っていていいってことなのか~!?ある意味フリー!?
3度くらい席替えして、
ちょっと遅れて、さあ出発!と進みだしたんです。

「GO!アユタヤ~!」と順風満帆な旅かと思いきや、
事件がここで起きました。

駅から少し、進んだところで、列車が逆走しだしたのです。
何事か?と思っているうちに駅に逆戻り。

わけがわからず、待てど、再出発する気配なし。
とりあえず、様子見に先頭車両まで見に行ったら、
d0143449_6583340.jpg


ないじゃん。動力車が。ないじゃん。これじゃ、動くはずないじゃん!
確かに、ガタガタ変な落としていたけど!!



待つこと。。。




1時間。。。



出発する気配なし。。。




マイペース国鉄!!ローカルタイム!!!イエス!!!!




ホームでジュウジュウ焼いてる鶏肉があまりにもうまそうだったので、思わず購入。これも20Bくらい!
d0143449_658592.jpg



駅員とかも、ご飯食べ始めてるし、
酔っ払いの日本人が二人
「なんか遅れちゃってるみたいね~ 飲んじゃったよ、ビール3本も♪」
そんで、爆睡しだす。


「違う列車に乗ったほうが早いんじゃないか!?」

と切符売り場に言ったりもあがいたりしましたが、
この列車に乗るしかないようで、


まって、まって、待ちまして
待つこと待つこと、



2時間!!


アユタヤについて「遺跡めぐり開始~!!」

の時間に、


新しい動力車到着!


そして
ドッキング!!!


何の為の早起きだったんだ!?

この2時間を経験するための、
タイの日常を経験するための
2時間だったのさ! 超プラス思考w

特になんの予定も決めてなくて本当によかったー

あまりにも出発がうれしくなっちゃって、
車内を何度も往復してる売り子のおにいちゃんに

「ビール一本!」

d0143449_6572828.jpg



そして、列車は動き出したのです!

うふふ
こういうアクシデントは大歓迎さ♪



レッツゴー!! アユタヤ!!!!
[PR]
by rinpei-710 | 2012-05-15 06:59 |

ニューハーフにち○こ立たせるのは仕方のないことだと思います。

タイ2日目続き↓

メークロン駅を後に、水上マーケットに向かう。
途中、ココナッツファームなる、
どのツアーにも大抵組み込まれていて、行った誰もが、なんでここに寄ったんだ?と疑問を抱くような場所に寄って、ガイドさんにずっと奨められていたココナッツオイルだけ購入。 賄賂か。賄賂だな?賄賂だ!

水上マーケットにはエンジン付きボートに乗り込み水路をひた走り、
d0143449_1822437.jpg
d0143449_1823276.jpg


水際の生活を見学して30分くらいしたら着く。

実は、ボート乗り場から水上マーケットは道路を挟んで反対側にあるということに気がつく人は少ないのではないだろうか。直線距離100mくらい。
アトラクション的な楽しみがあるし気持ち良いからまあいい!



d0143449_18234152.jpg

エンジンから手漕ぎに乗り換える。

ホントにもう観光地!海外観光客の為だけに作られたと言っても過言ではないほど値段が高い。缶ビール200Bと言われた時に

「バンコクのコンビニじゃ30Bだろっ!」

とツッコミ入れて50Bまで値切ってやった。
d0143449_18241231.jpg


舟を降りたところで観光客が食べてたヤツを物欲しげに見てたらくれた♪
d0143449_18243359.jpg


ツアー代金に含まれてた、この麺(30Bくらいと思われる)は美味しかったな~
d0143449_18245574.jpg


そして、あっという間に帰りのお時間。午前のツアーだから、昼過ぎにはバンコクに到着。

夜のニューハーフショー意外は決めてなかったから、

タイパンツだ!タイパンツを買おう!と卸し市場へ。
迷宮のような市場をぐるぐるまわって やっとこさっとこ見つけた。
タイ人がタイパンツをはいてると思うなよ!むしろ誰もはいてないぞ!
d0143449_18252467.jpg


はい、4枚買いました。
いやーいいんだよ?これ。本当に涼しいんだから。
ガイドブックには卸値だから値切れないとかいてあったがしっかりと値切ってやった。

タイの交通網を試せるモノは全部試そうと、乗り込みました。
BTS(スカイトレイン) 
d0143449_18255387.jpg


それから
d0143449_18263210.jpg

水上バス。

ツアーを組まない個人旅行の醍醐味でございますね。

でかいキンキラキンを見に行ってやりました。
d0143449_1827098.jpg

ワットポー、予想以上にでかくて満足w

その周りの仏塔とかもろもろ
d0143449_18274056.jpg

シュールな感じでね!
d0143449_18281778.jpg
d0143449_18283263.jpg



ワットポーを後に、渡し舟に乗って
d0143449_18285764.jpg


昨日酒の肴にしたワットアルンへ
d0143449_18292582.jpg

めちゃくちゃ、急だったw
d0143449_18295193.jpg

マジ危ない、
落ちたら死ねるぐらい急w



ワットアルンの急坂を楽しんで、ちょっと高くなった場所からバンコクの街を望む。
貧と富が交じり合った街。
東京の綺麗さが、とてもつまらないモノに感じる。

初タクシーに乗って、サイアム駅へ。
ここら辺は 伊勢丹とか、大きなデパートとかありまくって、
タイの最先端な場所を感じずにはいられない。
お洒落とか、綺麗とか、いらないのだ!
とか何とか言って、
こんな洒落オツなモノを食べてしまいましたが!
d0143449_18303028.jpg


そして
今日のメインイベントの会場へ。
d0143449_1831991.jpg

ニューハーフショー!
1000B くらいするのに、
ネットで500Bで購入したのだ♪

お客さんは 日本人 韓国人、中国人ばかりでございます。
しかしね、ニューハーフやばい。
綺麗な人はマジ綺麗。
わからないって!ほんと!女人ですよ女人!
ニューハーフにち○こ立たせるのは仕方のないことだと思います。
d0143449_18313256.jpg

d0143449_18327100.jpg


美空ひばりの「川の流れのように」
が名曲だってことを改めて知りました。

ニューハーフショーで、股間膨らま…
はい。近くの路地にあるお店へ。
d0143449_18324692.jpg


メインの通りから少し入った危なさそうな場所にあるから、
ガイドブックに載っているのに、お客さん全然いなかったのがよい!
そして、安い、うまい!
d0143449_18331342.jpg


最後に「アリガトウゴザイマシタ」って言われましたw

とことこ歩いて、見つけた屋台のデザート
クレープみたいの。
d0143449_18333313.jpg


これが、奇跡的な美味しさだった!
10B!30円ですよ!?30円!?

高い金払ったからってうまいものが食べれるかってそれは別の話だ。

ホテルに帰り
今日という日の締めくくりにシャワーを浴びて 買ってきたビールを飲もう!
とウキウキで口にしたモノがまさかの白ワインで
d0143449_18335842.jpg


「紛らわしいんだよ!こんなんじゃ、締めくくれない!」


即効コンビ二ビールを買いに走った。
d0143449_18341910.jpg


そんな2日目。
[PR]
by rinpei-710 | 2012-05-14 18:34 |

うんこ踏みから始まるメークロン

9日。
タイ2日目。
朝6時45分にホテルロビー出発。
本日はダムヌン・サドゥアック水上マーケット&傘市場メークロン駅 ツアー

本当はツアー参加とかしないで、もっと地元の人が集まるらしいアムパワー水上マーケットっていう場所にロットゥー(乗り合いバン)を使ってメークロンとの梯子をしようと思っていたのに、アムパワーは金土日しかやってないって(涙)
水上マーケットは行きたかったから、観光客があまりいないところ!っていう信念を簡単に曲げましたけど、いや~ 楽しかった(笑)

車に揺られること1時間とちょっと、メークロン駅に到着。

d0143449_6564411.jpg

「今日でここに来るの4日連続よ」のガイドさん
ちなみに客は自分たちだけ、ラッキー♪
d0143449_6571592.jpg


こういうの見ると絶対にはまりたくなる。
d0143449_6584161.jpg


ガイドさんうんこを踏む。
d0143449_659473.jpg


その靴を洗う俺(笑)
d0143449_6592715.jpg


この市場の間を電車が走っていくのです。
d0143449_70148.jpg
d0143449_70421.jpg

とにかく色々な魚とか肉、野菜、が、線路脇に並んでいます。
d0143449_711281.jpg


一日4本。電車が来る、直前に片付けられるその様が傘をたたむような感じだから
傘市場。
d0143449_721868.jpg


それではその一部始終を動画でお楽しみください(笑)


「列車追いかけていった人お客さん初めてよ!」
だって。
普通の人は、市場が元に戻る様を録るのです。
思わず追いかけてしまった俺は、その様子を録り損ねましたw

楽しかったから良い!
d0143449_74159.jpg


d0143449_742980.jpg

[PR]
by rinpei-710 | 2012-05-13 07:04 |

旅の醍醐味はビール味。


タイに行ってきたのです!

今回のタイ旅行
三泊四日という名の二泊三日。
最終日は朝5時に空港へ行かないと行けなかったから、到着日の夕方、2日目、3日目しか行動する時間がない。

ですので、俺の旅スケジュールは分刻みでございます。
8日。

d0143449_2253591.jpg

タイについて、よし早速色々いくぞ~!と思っていたのに、
空港の集合場所に50分遅れて、姿を現したオヤジ-ズのせいで
時間をロス。
ガイドさんが「こないこない」と言っているので、
一緒に外国の空港で人探しをしてしまった。
やっと現れたと思ったら、

「ワンカートン、タバコを没収されて、8万も払った!こんな国二度とくるものか!」

と息巻いているオヤジ。

最初から来るな!まず謝れ!そして、帰ってしまえ!
傲慢にもほどがあるぞ。同じ日本人として恥ずかしい!

基本誰にでも友好な私めが軽くご立腹。
まぁ、そんなんで挫けている場合ではないので、

「いい経験!あれをみて我がふり直せ!」

で仕切りなおし。
ホテルに送ってもらってから、自由時間の始まり、とりあえず地下鉄に乗る。


d0143449_22534394.jpg

トークンとかいう チップが切符。日本との違いにそれだけでウキウキ。
知人に進められた店に行くためシーロム駅で下車。
さっそく屋台でつまみ食い!10バーツ(30円)とか激安!
d0143449_22541388.jpg


日本系の店が立ち並ぶタニヤ通りを抜けて、


d0143449_2254301.jpg
どのガイドブックにも載っているというソンブーンへ。

店内は「ここは日本か!?」ってくらい日本人だらけ…

名物らしいプーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)とチャーハン、トムヤンクン、ビールを注文。
d0143449_22545078.jpg


味は、、、日本人の観光客のために作られたような優しい?味。
ウェイターさんが、すぐにビールを注ぎに来るわ、お手拭を渡してくれるわ、スープをよそってくれるわ。。。 こんな、過敏なお持て成し求めてない~!!!

店を後に街に繰り出す。店の近くにある
パッポン通りのナイトマーケット。

d0143449_22551977.jpg

路上に広げられる屋台。
そういうのを見ると、
「あぁ、これだ、こういうところで地元の味が食べたいんだ!」

一通り回ってどうしようか、となったところ。
寺のライトアップを見に行こう!と
タクシーorトゥクトゥク を拾いに行ったら、

「タクシー500。トゥクトゥク400。」

とかアホみたいな金額吹っかけられた。
馬鹿野郎!きて3時間くらいしかたってないけど、それがボッタくりだってことくらいわかるんだよ!と
トゥクトゥクを200B まで値切ってやった!
きっとそれでも全然高いはず。

しかし、初トゥクトゥクは予想以上に気持ち良く、一方通行の関係か、めっちゃ遠回りで目的地に着いた時は、満足してしまい、10Bのチップをつけてあげたw

ちょこっと歩いてたどり着いた場所。
ワットアルン行きの船着場。
そこから、ライトアップされたワットアルンが超きれいに見えた。
d0143449_2255531.jpg


地元の民に混じってビール。
d0143449_22561027.jpg


これだよこれ。
こういうところで飲むビールが最高にうまいんだよ。
観光客が来ないような、地元民がたむろするような場所。
そういうのを求めているんだよ。
これこそ旅の醍醐味だよ。

d0143449_22563857.jpg


そんな一日目。
[PR]
by rinpei-710 | 2012-05-12 22:56 |



役者「高橋倫平」の未知で無茶な感じをちょこちょことね! 日々向上の旅 刺激をもとめ上へ上へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
CoRichブログランキング

ユーチューブで「りんぺい」で検索するとりんぺいバンジー他色々な動画みれますよw
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧