高橋倫平 とは俺のことだい!

<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

-

d0143449_21122611.jpg

高校の時に初めて見かけてから14年くらいだろうか、新宿西口で「私の志集」という古ぼけた看板を首にぶらさげて立っている女性がいる。
何度も何度も同じ場所に立ち続ける彼女を見た。新宿という大都会の人の波の中にポツンと立つ彼女の周りだけは、不思議と時間がゆっくり流れている気がする。

いったいそこには何が書かれているんだろう?

変わること変わらない事にモノを思っていた時に、久しぶりにその人を見かけた。

やっぱりいつもと変わらぬ出で立ち。着ている服だって同じ何のかもしれない。

一度通り過ぎて、ふと振り返った。

俺にとって、
変わらないモノの象徴とさえ言えるその彼女。

14年の時をへて、初めて話しかけてみた。


その場に立ちはじめてから
24年くらい経ってるらしい。

予想を遥かに超えていた。

24年間、立ち続ける。
人生の半分をそこに費やす。彼女にとって、それは何になるんだろう。

俺のように、みかけてみかけてみかけて、何年もして声をかけた人もいるんだろうな。

300円で買ったその志集は、第四十五号と記されていた。
手書きで書かれた安っぽい紙がホッチキスで止められている。

きっと24年前から変わらぬスタイルなのかもしれない。

内容なんて、どうでもよくて、むしろそこに立ち続けるという事に意味があるのかもしれない。

10年後、20年後にもそこに立つ彼女を見てみたいと思った。


いや、
彼女は立っているんじゃないだろうか、
今よりボロボロになった
「私の志集」
の看板をぶら下げて。
[PR]
by rinpei-710 | 2011-06-27 21:12 | 日々!!

高橋倫平 初のソロ写真集!

去年の冬くらい?今年のはじめくらい?にモデルをやった。

何の?

ピエロの~!

劇団 おぼんろ でお世話になっている、カメラマン「三浦麻旅子」さんから
モデルのオファーを頂いて、

「へい!へ~い!喜んで~!」

と撮影してきたわけです。

その写真をミニフォトブックにしたやつを頂きました。

「道化のリン」

d0143449_15391525.jpg


ページ数にしたら、14ページくらいで、ポケットに簡単に入っちゃうようなサイズなんだけど、
写真マジックな素敵な写真が数枚。

モデルは俺だけだから、ソロ写真集っていってみました(笑)
といっても、素顔の写真は一枚もありませんけど!

むしろ素顔よりいいんじゃないか?(笑)
これもカメラマンの腕ですな~

d0143449_15384426.jpg




麻旅子さんは先日

「ミュージシャンと猫」

http://p-vine-books.com/books/3345

という、本を出版しやした。
有名ミュージシャン達と猫達の係わり合い。
写真に写る猫達が可愛いのなんの。

d0143449_15371487.jpg


ちなみに表紙はこれ↑

こちらもお勧めです。本屋さんでもアマゾンでも買えます。
[PR]
by rinpei-710 | 2011-06-27 15:40 | 役者!!

沖縄満喫コースこれにて終了!!!

ゆるゆると始まった最終日。
もし、目の前に海があったら、間違いなく泳ぎに行っていただろうが、
昨日、べらぼうに飲んだせいか、スロースターター。

考えることは、何食べよう~、何食べよ~♪

沖縄料理は意外に食べた。
では、何か。
沖縄には、米軍の基地がある。
ということは、、、

ハンバーガー!!!!

はいっ!
アメリカビレッジらへんの

d0143449_2202960.jpg


d0143449_2205236.jpg


d0143449_2211782.jpg


ハンバーガー屋さんを梯子しました(笑)
どっちの店にも、ジャポンの客よりアメリカンが多かった。
ここはどこの国か!?と錯覚するくらい。
店員さんに
「やっぱり英語ぺらぺらなんですか?」

って聞いたら、
どっちの店の店員も、

「雰囲気でしかわかりません!」

って言ってた(笑)
毎日、日本人以外の人種に囲まれて過ごしてみてぇ…


ハンバーガーの後はデザートにジェラート♪
d0143449_2214155.jpg


それから、まだ足を向けていない、南部の方へ。
斎場御嶽(せーふぁうたき)

d0143449_222374.jpg


沖縄最強のパワースポット!らしいが、今帰仁城の方が上だな!

それから沖縄ワールドで
スーパーエイサーを見て超盛り上がって。
玉泉洞にもはいって


d0143449_2222776.jpg

ひめゆりの塔にもよって、
車の旅の
最後に白熊食べた!

d0143449_2224513.jpg


返却時間ぎりぎりに車を返して、空港へ。
空港レストランで、名残の沖縄そばと、沖縄のチェーン店のA&Wのハンバーガ食べて

最後の締めはやっぱりこれでしょ!

d0143449_223540.jpg



沖縄本島一周。
沖縄料理食べつくし。
沖縄満喫コースこれにて終了!!!
[PR]
by rinpei-710 | 2011-06-26 22:03 |

「りんちゃん、また遊びに来いよ」

昨日の早朝に泳いだ気持ち良さを、忘れられず、
やっぱり海に出る4日目の朝。
宿に泊まっていた人に聞いた、

「少し沖に行くだけで、 水深が一気に深くなる。」

浅いより深い方が楽しい。潜りがいもある。世界が広くなる感じ。
昨日より、少しだけ進んだだけで、本当に深くなっていた。
それだけの事で魚のサイズもかわる。

何にも妨げられることなく、ぷかぷか浮かぶ。世界が緩く流れていく。

1時間ほどで海から上がる。
昨日は、休む間もなく、宿を出たが、
今日はちょっとだけのんびりのんびり。

居間にあるゆりかごな椅子で波の音を聞く。
オープンに開け放された窓。


青い空


青い海。


海に入った後のけだるさ、このままゆっくり目を閉じて、
眠りについたら、どれだけ気持ちいい事だろう。


「結家」
もし、沖縄に行くことがあるなら1度はこういう場所に泊まるのは如何でしょう。
お勧めです。


宿を後にして、向かった場所。
今帰仁城。
跡。
昔の城壁やらがあるのだが、復元された首里城より、何倍も良かった。
そこに立つと、まるで、何百年前の時を体感できるような不思議な気分に。
建物なんて何一つないのに、今にも、誰かの笑い声が聴こえてくるようだ。


城を後にして、塩川温泉へ。
まったく温泉じゃなかった!川だった!
しかしながら、この川全長300mというとても珍しい。
さらも世界に2つしかないという塩水の川なんだそうだ!
とても貴重なはずなのに、貴重度0だったw

それから、
まったくフルーツのなっていない「フルーツランド」でマンゴージュースを飲んで 「おんなの駅なかゆくい市場」でイカ墨ジューシー、島豚のソーセージ、中身汁、ウニソースの海鮮焼きなどを食べて、

琉球村へ!

昔の家屋が、いくつかあった。

クーポン券をつかって、その民家にあがり、お菓子を頂く、おば様が三線をひいてくれていた。

この暑い、気候に三線は本当にあっている。まったりするわ~


一時間に一度会場入り口のステージで、島歌民謡とか エイサー踊りとかやるらしい。
俺が行ったとき、民謡をやっていた。
でも、お客さん家族の4人くらいが端っこに居ただけ。

舞台上のおじさまが、

「なんか歌える歌ないか?」

と聞いてきたので、

「島歌(ブーム)なら、歌詞があれば歌えないこともない」

と答えたら、歌詞を用意してくれて、歌うことに(笑)

りんぺいオンステージ! 200人以上は入れるようなとこで客4人!

島歌を熱唱してやりました(笑)


琉球村を後にして
本日のメインイベント「青の洞窟シュノーケルツアー!」
ちゃんと、会社に連絡して、予約した唯一のアクティビティ!

お兄さんにぷかぷか案内されて見に行った洞窟。

確かに、確かにね、青かった~!!!!

魚もたくさんいたし、ガイドさんについてもらうとやっぱり違うな~

この4日間。ずっと撮りためていた写真。
シュノーケルツアーが終わるときまでは、見れていたのに・・・

次の場所にいったら、全部消えていた~! 奇跡!


d0143449_23435698.jpg


撮り始め、嘉手納基地。

アメリカンビレッジに行って、面白かったのは。
基地の人間がくるから、と

d0143449_23441629.jpg


ドルでも支払いできるのね~

と、これで、沖縄本島の上部をぐるっと回ってきたことになります。
首里城の近くに予約したホテルに行き、本日の超メインイベント!

先日の共演者の とよさんこと(豊永伸一郎さん)のおじさんのお店に夕食を食べに行く!

d0143449_23444772.jpg


d0143449_23453948.jpg


d0143449_234682.jpg


すごいアットホームなお店でした!
むしろ家の中に、お店がちょっとあるみたいな感じ。
3500円で、沖縄料理のフルコース と飲み放題!
あほみたいに食べて、あほみたいに飲んだ!

d0143449_23431552.jpg


とよさんに託された、手紙も無事渡して、おやじさんとお母さんとも仲良くなって、その家の住んでいるリクト5歳と、店中を走り回って、遊んでやった♪

したら、お会計2500円にしてもらった(笑)

「りんちゃん、また遊びに来いよ」って行ってもらえてありがたいかぎりです。
こんな出会いも旅の醍醐味だよね。


そんな4日目。。。
[PR]
by rinpei-710 | 2011-06-25 23:46 |

びびってもいいの!そのびびりを乗り越えての快楽だわさ

宿の人から、
すぐ下に浜があると聞いていたので、
6時ドミトリーの2段ベットから抜け出て
シュノーケル片手に浜に出た。

当たり前に誰もいない、地図にも載っていない小さな名もなきビーチ。

(携帯で撮った画像は生きてます)
d0143449_22463235.jpg


珊瑚のカケラで形成されているその浜は、さながらミニ楽園の様相。
浜から何分か泳がないと、珊瑚やらに会えないビーチが多いけど、
海に入って、本当にすぐに珊瑚がちらほらと見え始める。

砂浜でビーチボールとか、水辺でちゃぷちゃぷとか、本当にいらん!

去年に宮古島にいってから、潜り!良い~と思った俺。
スキューバの免許とか持ってないけど、いつかは手に入れたい。
自由に泳げるシュノーケルも楽しい。

プライベートビーチでおいしい穴場。
前日の星空ビールもさながら、

なんて良い所に泊まったのだろう!

海から上がって、シャワーを浴びて、
「結家」出発。

ちょっと離島の長めの橋で繋がっている古宇利島を一周して、
北上。
第一の道の駅「おおぎみ」で、自家製シークワサーケーキ購入。
第二の道の駅「ゆいゆい国頭」で、イノブタ丼食べて、ドーナッツ食べて、
さらに北上。
北端にある、景勝地の芽打バンタ、岩場の大石林山、最北端の辺戸岬、そして絶滅危惧種のヤンバルクイナの展望台で与論島を望む。

車を走らせて、100年前からある商店とやらで、
すんげーまずい沖縄のどろどろした飲み物飲んで、
冷静に「まずい。。。うん、これはまずい」



そして、ちょっと南下したところにある。
本日のメインデッシュ!
ガイドブックにも載っていない、やっぱり穴場!のタナガーグムイにやってきました。
(写真はネットから拾ってきたw)

d0143449_22465923.jpg


d0143449_224720100.jpg



水がつめたくて
「やばい、これは心臓麻痺で死ぬぞ!」とかマジ顔でほざいている人を尻目に泳ぎだす。
今回の旅で3本の指に入るほどしたかっとこと。

滝の上から飛び降りながら、動画を撮る!!!

防水使用のカメラをゲットしたので、それをやってやろうと、
ずっと思っていたんです。
上↑の写真じゃ高さが全然わからないけど、
相当高いです。
一番最初はちょっとびびったけど、飛んでやったさ!
最初はちょっと低いところから、
ネイビーの皆様がきてて、その人たちも、飛んでいたけど、
一番高いところから飛んでやりました♪

そんで、みんなでハイタッチ!

スカイダイビング<バンジージャンプ<飛び込み

ドキドキの体感はこんな感じかもしれない。
体張ってるのは↑な感じ。
飛び込み。楽しいです。お勧めです!
お尻が竦んだりするけど、それを乗り越えてのジャンプたまらん!


びびってもいいの!そのびびりを乗り越えての快楽だわさ。


本当はこの動画をアップしたかったのに、残念でならぬ(涙)

テイク7くらいやったからなぁ(笑)



タナガーグムイを後にして、昼食がてら沖縄そばを食べて、向かった場所


「ちゅら海水族館」♪

ジンベエザメの餌やりを見たくて、行ったのだが、
しっかりと、でっけ~ジンベイがワタワタと立ち泳ぎをしながら、餌を食っておった~!!!
ギネスブックにも載っている、でっけー、水槽。
スキューバな感覚で一緒に泳げたら楽しそう。
ほかにもマナティーとか、海亀とか、イルカとか、
やつらを見てると、ウハウハだぜ!
時間めいいっぱい楽しんで、

車で走っているときに見かけた、ダチョウステーキ!
なるものがある店に向かう!
町じゃないし、時間的にもう終わってるかもしれない。と思ったけど、
ちゃんと食べれました!
ダチョウのタタキと刺身とステーキ♪

ダチョウって鳥だろ!?なのに、牛みたいな味わい、しかもヘルシ~!

めっちゃうまかったぞ!

この日だけ宿を決めていなかったんだけど、結局
前日に泊まった「結家」に連泊することに。

今日の酒を購入して、「結家」についたら、
ほどよく酔っ払いの皆々様が、
「これから、夜の浜で星を見ながら飲もうとと思うんですけど一緒に如何ですか?」

行かないわけがない。


懐中電灯一つで、みんな一列になって、浜に下りる。
昨日より、全然星が見えるのは月の位置のせいだろうか?

酔っ払いだらけ、
一生懸命焚き木をしようとする人、
一人、二人が海に飛び込んでいく。

行かないわけがない。

結局その場にいた全員が、海にダイブ、いい歳した大人達が、
キャーキャー ギャーギャー 水を掛け合って、はしゃいで、
誰一人、名前とかわからなかったけど、最高に楽しいじゃない。

こうやってさ、いつでもどこでも、いつまでも、
子供のような好奇心を持ち合わせて、ぶっ飛んでいたいなぁ。

そんな、3日目。。。
[PR]
by rinpei-710 | 2011-06-24 22:47 |

食べすぎだってわかっていますけども、食べたいんですもの

18日
旅中の朝はいつだって早起き。
だって。時間がもったいないんだもん。

一日7食ぐらいするために、時間配分を考える。
食べる量も考える。
一食でお腹いっぱいにするとか、言語道断。

できることなら、すべてを半分の量で、半分の値段にしてほしい。

んで、色々なモノを食べたい!

ホテルの近くに、24時間営業の沖縄料理店がやっていたので、
そこのNo1メニュー、

「沖縄ちゃんぽん」を食すところから18日は始まる。

長崎のちゃんぽんが激美味いのは記憶に新しい。
沖縄ちゃんぽんって何やねん!

B級グルメです。
得てして、B級グルメはやっぱりB級だったりするわけで、
案の定、B級な感じでした。

麺じゃなくて、ライスなところが「沖縄ちゃんぽん」!?

朝食を食べ、
世界遺産にもなっている首里城に向かってやろう!
当初の計画では、ゆいレールに乗って、歩いて散策だったけど、
機内でGetしたクーポン券に、レンタルサイクルってのがあって、
これだ!と計画変更。

自転車屋様に開店と同時に突入。
ママチャリを借りて、言われた事。

「首里城までは1キロくらい上り坂だよ」

沖縄30度越え、良い天気。お日様カンカン。
シャコシャコ登る登る、汗ダクダク。

これが俺流の旅じゃ~!

ガイドブックに載ってるお勧めプランなんぞより、
もっとリアルに楽しめますよ、
カリスマデートプランナーと呼ばれた、
私めのプランは!

コーディネートされたい人募集。値段応相談。w


世界遺産の
玉陵(たまうどぅん)から周り、首里城を巡り、館内の人に
沖縄(琉球王国)の歴史について話を聞いて、舞をみて、西のアザナで那覇を見下ろす。

城と言うものは、いつだって、眺めのいいところにあったりするもんだ。

チャリンコで移動。首里城のすぐそばにある、「首里そば」を食べて、すぐそばの「首里まんじゅう」を食べて、ちょっと走ったところにある「儀保まんじゅ」を食べて、ちょっと走って、「サーターアンダーギー」を食べにいって、登って来た道を、

がんがん下る。

行きは怖いが、帰りはよいよい♪
風を切って、スイスイスイスイ♪

下っては、栄町市場で、ちょっ戦後な気分を味わって、
今度は、覇市牧志公設市場へ
タピオカなドリンク飲んで、
生ジェラートやらを食べて、
魚やら豚の顔やら足やらの間を縫って、歩いて。

昨日は夜の国際通り、今日は昼の国際通り。
楽天ランキング6年連続1位のジェラートがあったから、
またジェラート食べて、
沖縄はタコスにタコライスってのも名物だって、
前もって調べておいた老舗のお店に食べに行って、
そうだそうだ、てんぷらも名物だ、3時のお菓子に食べるって聞いたぞ。

本当に、食べまくりです。

ガイドブックには絶対載っていないような
闇市的な場所も通って、やっとこさっとこ、チャリンコを返しに行く。

ホテルに帰ってゆっくりしましょ♪

なんてことはあるはずもなく、
一路、ゆいレールをつかって空港へ。
途中、イオンで「シュノーケルセット」を購入。

空港から、レンタカー乗り場まで送迎されて、
那覇(南)から
北部に向けて、本日泊まる宿まで車を走らせる。

途中、夕食がてら、イカ墨ジューシー食べて、豆腐チャンプル食べて。

ブンブン車を走らせる。

当てにならないカーナビを切って、
街から離れ、着々と海の方向に向かう、人気のない道、舗装されていない道、墓地を通り抜け、
たどり着いた宿。

ドミトリーな旅の宿。
「結家」

ついたとき、広間でお客さん達がライブしてた。

旅先で起こること。触れ合うこと。

それも、旅の醍醐味。

外にあった椅子に座り、ビールを片手、波の音を聞きながら
星を眺める。

・・・。
・・・。

・・・流れ星。


そんな怒涛の2日目。
[PR]
by rinpei-710 | 2011-06-24 00:55 |

食べまくりな、旅のはじまり

いつも、旅から帰ってきたら、撮りためた写真くん達を使って、日記を制作していましたが、なんと今回は、3日と半分の分の写真が、全部突如消去されるという事態に見舞われました~!!(涙)

がくーん…です!


面白いモノたくさん撮ったのに~(涙)



めげずにいきます。


17日18時沖縄到着。

基本 空港に着いたら、
レンタカー借りる人はその日に借りるのだろうけど、
俺はモノレールに乗りたかったのだ。
旅をするときは
その街の公共機関は一度は使ってみたいの。

俺にとっては遊園地のアトラクションと同じ。

レンタカーの予約は次の日の18時から、
それまでは徒歩で念入りに国際通りをなめ回してやる。

運転手さんの後ろに陣取り、
子供さながらにキャぴキャぴ。
ワンマンだから、駅についてから、扉開けて閉めて、を全部自分でやってるの、何か凄まじい速さで、おぉ職人芸~!とか思ってしまった。
あれ、東京のワンマン電車とかもそんなんなの?

ホテルに荷物をおいて、
夕食探し。
旅行をするときは郷土料理を食べなあかん!
沖縄料理を食べまくらなあかん!
無理してでも、食べまくらなあかん!

と思って国際通りにでも向かおうと思ってトコトコ歩いていたら、

3000円で食べ放題飲み放題の店を発見・・・

飲めや食えや~!!!

オリオンビール!泡盛~!!
石垣牛のステーキとか、ラフテーとか、グルクンのから揚げとか、豆腐ヨウとか、なんだかんだ、沖縄系のモノを注文しまくったのだ!

初日から、食べ過ぎて歩行困難…

それでも、ホテルに戻ってダウンをするのはもったいないからと、
夜の国際通りをとりあえず、一巡り。

ひーこら、ひーこら、
ホテルに帰ってくる。
食べ放題でも、食べれてない料理がたくさんあった。
今回の旅は、食べまくりの旅になることを予兆する一日め。
[PR]
by rinpei-710 | 2011-06-23 22:01 |

青春18 と最高のアーティスト

d0143449_14501347.jpg

初めて独り旅をした高校1年の夏。こいつが奇跡の切符だと思った。

金なんて笑えるほどなくて、時間だけはべらぼうにあって。
粋がって、髪を赤くして、青色のグラサンをかけて。

5時くらい始発の上野駅始発の電車にゆられ、何度か乗り継ぎして延々と10何時間。岩手らへんで、おばあちゃんにみかんを貰ったのも懐かしい。

1日で行けるのが青森までで、その日は駅で段ボールをひいて野宿。駅前で路上ライブをしていたお兄さんの歌が、すごく良かったのを覚えてる。

あの人は、世に出る事もなく、普通の生活をして、今でもたまにギターを掻き鳴らし、家族に聞かせているのかもしれない。


俺にとっては最高のアーティストだった。


夏だっていうのに、朝の青森は阿呆みたいに寒くて、開店したばかりの駅横の食堂に逃げ込んで、アジのひらき定食550円を頼んだ。


そのアジが、今でも変わらず俺の人生で一番美味いと思った、アジのひらきだ。


青函トンネルをくぐって、函館へ。大荒れの立町岬。雲で100万ドルの夜景が1ミリも見れなかった函館山。五稜郭、土方歳三の碑に置いてあったノートに


「りんぺい参上!」



と書いたのが、各地で残す足跡の始まり。


ばっちり思春期とやらの期間にやった一人旅。感受性ってのが、アンテナビンビンで痛いほどだったんじゃないかって思う。



青春だったなぁ。



いつかまた
この切符で旅をしたい。時刻表とにらめっこして行き先を決めよう。昔より、恥じらいがなくなって、オープンになった俺は、きっとあの時、話し掛けられなかった路上ライブのお兄さんにだって話し掛けられる。


色々な出会いをもっと感じられる。


昔の俺
今の俺
先の俺


色々違うけど、
きっとその時間を最高に楽しんでるはずだ。


あはっ、沖縄日記書こうと思ったのに、思わず。
[PR]
by rinpei-710 | 2011-06-22 14:50 | 日々!!

-

また一つ終わった。

20代最後の舞台。

気が付けば、あっという間だったなぁ。

今だから言える「あっという間」
良く生きた!

色々やった。
いっぱい芝居をしたし、いっぱい旅をした。いっぱい映画とかみたし、いっぱいアホをした。
いっぱいの人と出会えて、いっぱいの人と別れて、思い出すと思わず涙ちょちょ切れる。

感謝してます。


僕に
触れてくれたすべてのモノに。



故に
僕が存在できている。


あなたと出会えた事は。僕の中にしっかりと生きてます。



まだまだ、したいこと、やりたいことは沢山ある。
でも、今もし、ぽっくりと死んじまっても、
悔いなし!

と叫んでやる。


…いや、あるかも。


だけど悔いなし!



その日その日がいつだってビックなイベントだったら最高だ。

いや
僕らの過ごす「今」はいつだってビックなイベントに違いない。


とりあえず、始発電車で寝過ごさないで目的の駅につけた自分を褒めてやる!

寝ちゃう、眠い。
これから泥のように寝るよ。
んで、数時間後に起きるよ。



新しい始まりだ


Yes!
最高にハッピーな人生を過ごしましょ!
[PR]
by rinpei-710 | 2011-06-14 05:48 | 役者!!

公演終了までトップに置きま~す!!

色々な舞台に立ってきましたが、オムニバスの芝居は初めて!
一時間で、色々な顔をお見せします!!

d0143449_1616479.jpg


333 第2回公演
d0143449_16162320.jpg





オムニバス公演
333がお送りする素敵なお部屋での『今』どうぞ覗きに来て下さい

6月10日~13日

timetable

d0143449_1618029.jpg


10日20時&13日20時は完売しました。

※受付・開場は30分前

※公演時間は1時間

チケット

前売・当日 ¥1800

※全て当日精算になります



cast

田中あっこ
池上恵  (以上333)

高橋倫平
中谷弥生
豊永伸一郎


place


東中野レンタルスペース

東京都中野区東中野4-4-5-203 

d0143449_16185759.jpg



連絡頂けたらチケットを取り置きさせていただきます~
席がとても少ないので、売り切れてしまう場合がございます
ちゃっ!と観劇予定が決めて、パッ!と予約をお願いします!

come♪come♪
連絡プリーズ♪
[PR]
by rinpei-710 | 2011-06-13 23:59 | おぼんろ



役者「高橋倫平」の未知で無茶な感じをちょこちょことね! 日々向上の旅 刺激をもとめ上へ上へ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
CoRichブログランキング

ユーチューブで「りんぺい」で検索するとりんぺいバンジー他色々な動画みれますよw
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧