「ほっ」と。キャンペーン

高橋倫平 とは俺のことだい!

カテゴリ:日々!!( 283 )

あたしの帽子はどこに?

おぼんろで参加していた「まめ芝」という演劇祭を無事?終演させる事ができました。
最終日に大雪とか、天変地異か!?な状況だったけど、色々な色を持っている団体に触れることができて、本当によかった。

屋形船で一夜限りの上演でお蔵入りしそうになっていた
「ゆめみるふぃーゆ」を
再構築させ、板の上にあげる事ができ、
おぼんろを知らない多くの人達に『おぼんろ!?』
って思っていただけて、お蔵入りさせないで、提出して本当によかったです。

そして
人生初の独り芝居。
『捨て犬の報酬』
これほど、板の上に乗ることにビクビクしたのは初めてでした。
最初にこの台本を読んで号泣した自分がいて、
作品をリスペクトしたから、少しでも忠実に、見てくれる人に伝えたいと思いました。

伝える事ができたのかな、、、

と思うのが正直な思い。
まだまだ未熟な自分のつたない芝居で、自分が感じたくらいの感動を参加してくれた人達にも感じてもらえたのだろうか。

どうすれば、自分を襲った感動と同じ感動を、いや、読むだけではわからない、演じることに対して生まれる物語の感動を、語り部として伝える事ができるのだろう。

19日にもう一度この作品を演じるチャンスがある。
少しでも、多くの人に同じ感動を味わってもらいたい。
19日にやる開場も物凄くせまくて、そんなに客席が用意できないんだけどね!

広がれ、広がれ、モノ語りの輪よ、もっと広がって下さい。

まだいけるもっといける。頑張ろう。



お気に入りの紫の帽子をかぶっていない事に気がついた。打ち上げ会場か!?
戻ってきますように。

支えてくれた皆々様、
本当にありがとう。

明日、原付きでこけて死にませんように!
[PR]
by rinpei-710 | 2013-01-14 23:48 | 日々!!

夢×ミルフィーユ

朝から、新宿に向かう。
独り芝居『捨て犬の報酬』で唯一使う小道具を天才段ボールアーティスト『竹邊奈津子』に製作を頼んだのを受け取りに。
ラッシュでごった返してる新宿駅で、スッピンなのに一際輝いてるから探し出すのが簡単。

彼女は
『今日、舞台初日なんです!』
と、ほぼ会話も出来ずとんぼ返りで、人混みの中に姿を消していった。

大忙しの中、作ってくれた彼女の作品を袋から取り出して、

感嘆のため息。

『なんで段ボールでこんなモノが作れるんだ?』

彼女の手に掛かれば、どんなゴミでも輝きだす。
キラッキラだ。

奈津子と別れて
駅のベンチで

昨日の『ゆめみるふぃーゆ』の通し稽古を撮影したのを見た。ただの傍観者としての語りべをフューチャーしたことにより、
屋形船でやった時より確実にわかりやすくなっていて、それが何倍増しにも良い効果になっていると言うことに気が付いて、驚き桃の木山椒の…

正に、夢×ミルフィーユ。

動きを特化させている為、ありとあらゆる所にパントマイムベースのアクティングが散らばる。
路上でやろう!と始まったこの演目だったから、通りすがりの人に『なんだ?』と興味をひかせる為に大きな動き目立つ動きをしようとしていたが、それを劇場用にと、もっと繊細にまとめてみた事が好を相して、濃厚濃密な作品に仕上がっているんだ。

『ゆめみるふぃーゆ』は
明後日の11日から14日までのたった4ステージ。
少しでも多くの人に見て貰らえたら嬉しい。


今日は小屋入りして、『捨て犬の報酬』のリハーサル。同時期に2演目。身体的なかなかシビアだ(おぼんろの芝居はいつだって俺にとんでもない身体疲労を与える)
仕事を休みにしてもらったというのに、仕事場まで来て、その隣のビルでマッサージをしてもらうのだ。
少しでも万全な状態にもっていくのだ。

忙しい一週間になりそうだ。
頑張っ。
[PR]
by rinpei-710 | 2013-01-09 09:46 | 日々!!

なんとかなる、なんとかするウィダーインゼリー 飲んだし。

3日。
金沢から電車乗り継いで帰ってきて、すぐに稽古場にいって三人芝居『ゆめみるふぃーゆ』の稽古。
路上用にパフォーマンスに特化したモノとして作っていた作品を、劇場用に物語の内容が伝わるように作り直している。
一般的な客席が正面にある舞台のスタイルって難しいな!笑える感想。ここ最近は客席を縦横無尽ばかりだから。

稽古時間超過して独り芝居『捨て犬の報酬』の打ち合わせ。
帰りの自転車でずっと台詞をブツブツ。独りの時は、こっちを練習。どんな隙間の時間ももったいない。
もっと身体に染み込ませないと。

家について、本来なら一杯引っ掛けて、何かをするのに、『捨て犬の報酬』の音源探し。

年始もお酒ほとんど飲まなかったし、みんながTVを見ている隣で台本を読んでいた。

4日。
朝から初出勤。生活の為、ベイビーの為にしっかりと働かないとあかん!しかし夜遅かった為に、目覚まし時計に反応できず、速攻着替えて、家を飛び出る。ご飯炊いておいたのに〜!

急いだのに
井の頭線、運転見合わせ。
急がば回れ、振替輸送で、バス→電車を乗り継ぐ(←現在ココ)果たしてこの遠回りが速いかどうかは全くわからんが、アクション用の音楽を聴きながら、身体をくねくねしながらウイダーインゼリー。
仕事終わったら、再び稽古場に行かなくては。

わははは、わははは、わははははは!
笑わずにはいられない。

精進精進

おはも〜に〜ん!!!
今日もいい天気!
[PR]
by rinpei-710 | 2013-01-04 08:51 | 日々!!

林勇輔・末原拓馬

年明けに、おぼんろから公式に発表されるだろうけど、次回5、6月の本公演にスタジオライフの林勇輔さんが出演する。
10000万くらい動員する劇団の人。ライフの芝居は見たことないけど、動員数が示すのはすごい劇団ということ。後イケメンだらけらしいということは知ってる。

昨日、ゆーすけさんの一人芝居を見に行ったのです。
まず驚き、凄かったのは、客の97%が女性という衝撃。客席にいた男、俺とたくまと、さひがしさんだけだったし(笑)
スタジオライフを見に行く人はほぼ女性だ。みたいなことを聞いてはいたが、いやー目の当たりした。


次に驚いたのは
林勇輔という役者。

近年、どこに芝居を見に行っても、小さいとこでも大きなとこでも、自分の見る狭い世界では『こいつは…!』という役者に会えなかった。


いやー
ここにいたわー


イケメンなだけだったらどうしようなんてちょっと思っていたんだけど、
杞憂というか、何も知らなくてすみませんという感じだ。
久しぶりに、芝居を見て、おぉすげぇっと思った。どんくらいぶりだ!?ってくらい久しぶり。芝居もさることながら、歌もめっちゃうまかった。一人のパフォーマーが独りで舞台に立つ事のプロフェッショナルさを感じた。
あれは経験値から生まれる余裕か。

あたしも
1月に人生で初の独り芝居をするのだけども、凄く良い刺激になったよ。
ダメだ、今のままじゃ、全然ダメだ。もっともっとだ。

5、6月本公演この人と一緒にモノガタル(物語る)のかと思った時に、ワクワクしてしまった。芝居をしていて、こんな気持ちにまたなれるなんて。

まだまだ、まだまだ、上を目指せる。


もったいないな、と思ったのが、男性客がいなかった事。何故女性ファンはあんなに大勢いたのに、男性ファンがゼロなのだろうか。林勇輔という役者を男だってこんなに楽しめるのに、本当に男女の垣根なんて必要ないよ。


おぼんろ主宰の
末原拓馬は誰もが認めるイケメン。
だけど、拓馬は顔だけじゃないんだよ。
確かにそれは武器かもしれない。長身痩せ型イケメンはキャーキャーモンだろ。でも、胸毛ぼうぼうで、衣装とか肥だめだぞ。
殺人兵器だぞ。
顔に惑わされるなぁぁぁ

最初は『たーくーま〜!キャーキャー!』でもいい、きっかけはそこでも構わない。
いずれ
あいつの作り出す世界にも目を向けてほしい。

わかってくれてる人はわかってくれてる。


おぼんろを
老若男女に愛される
劇団にしたい。





さて、私め、高橋倫平はどこに貢献できるかだな…
[PR]
by rinpei-710 | 2012-12-28 15:55 | 日々!!

-

呼び出され、飲みに行って、漫画家とか、歌手とか、医者とか、営業マンとかと話ができるのが楽しい。
もっと世界を広げたい。
自分の知らない世界にどっぷり使ってる人達が楽しい。
自分の世界の外にいる、世界をもっと感じたい。

世界は広いけど、己が知る世界はアホなくらいせまい。

もっとアホな世界に出たい。

考えないと、もっと考えないと。
[PR]
by rinpei-710 | 2012-12-22 23:30 | 日々!!

刺激を受ける日々

色々と刺激を受る日々だ。
言語を使わない表現をどう体現するのか。
何かを具現化することに必要なこと、それを伝えること。
それをするためにしなくてはいけないこと。

自分が持っているモノを試したい。

足りないことはいくらでもある。

ただ手を前に差し出すだけで、人の目を釘付けにすることが今の自分にできるのか。

世界に出たい。言葉の通じない人に言葉よりも感じさせること。

自分が培ってきたものがどれほど通用するのか。

多くの言葉も動きもいらない。


感じさせる人間でありたい。
[PR]
by rinpei-710 | 2012-11-02 21:40 | 日々!!

「贅沢は敵だ!贅沢は敵だ!」

おぼんろを見に来てくれた、啓子さん(母)の会社の人達に御礼&報告に行った。
出来ることなら1359人のみんなに直接、挨拶をしたい。
リピーターが沢山いるから、重複するな。

問題は20回以上見に来てくれたあの子には、20回以上挨拶するということか。…。
迷惑な人になってしまいそうだ。

1ヶ月
公演をした事で、財布の中身がシビアさを増している。
奥さんの仕事復帰まで、諸々の出費を全部払わないといけない。
「贅沢は敵だ!贅沢は敵だ!」
と戦時的な感じで思いつつ、差し入れで頂いた、プレミアモルツを味わっている。 休む間もなく舞台の本番を迎えるとしもりさんはきっと水と塩と雑草で日々を過ごしてるに違いない。

けいこさん(母)にランチでフレンチ奢ってもらった、
1050円でオードブルにメイン、コーヒーは安いよなぁ。
美味しいし、雰囲気良いし、ファミレスとかでご飯食べるなら、フレンチ食べに行くわ。
ファミレスは
お手軽お気軽が売りですよね!

御礼がてら、お芝居も見に行きたいんだけど、観劇に出費ができ〜ない!
招待いただけたモノはなんとか時間を作って向かいたいとは思ってます!
飲み会とかも参加したいんだけど、残念な限り(涙)


身体のガタも徐々でいいから治っていけ。

ゴミ美術は美術が抜けて、ゴミとなり。90リットルのゴミ袋をいっぱいにして8袋くらいベランダにたまっていたが、全部焼却炉に向かってもらったし。

1000枚くらいあったアンケートの集計も終わったし(この後、500くらい新規登録住所の打ち込みが残ってるが)
お金の支払いもほぼ終わった。

晴れて御役目放免!

と思いきや、何だかんだ
余波を受けまくってる。
考えなくても良いだろう事に頭を捻らせている。


今日はスーパー美術家段ボールアーティスト竹邊奈津子の家に荷返し!
[PR]
by rinpei-710 | 2012-10-17 15:28 | 日々!!

-


おぼんろ「ゴベリンドンの沼」
大絶賛上演中です!
こんにちは

ゴブリンドンとかゴベリントンとか言われますが、

実は
ゴベリンドン役の
りんぺいです。

題名見ろぉぉ〜!

口コミ演劇サイトでも
上位をキープし、
評価を頂きまくっていて、感謝感激雨霰な感じです。
http://gxc.google.com/gwt/x?client=ms-kddi_blended-jp&wsc=tb&u=http://stage.corich.jp/stage_hope_detail.php%3Fstage_id%3D38832&ei=keg6UO7DOMr-kAWdiYDgCw


また、
アンケート抜粋でこんなのもありました。
ありがとうございます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


『>こんなにも劇場が「物語の現場」になるなんて魔法だねF3F1.gif物語の一部始終を五感で体感した気分。3Dなんて目じゃないねF7F5.gif
>
>シグルムの葉を取りに(?)、風をきって兄弟と一緒に猛スピードで森の中を走った気分になったし、沼の空気の湿度や暗さを感じさえした。扇風機の風は当たりを渡る森の風のようだった。
>
>音楽・音響は選曲もタイミングも音量も完璧に物語の一部で、光・照明も空間を作ってた。
>
>役者たちの体熱、飛んでくる汗。横を通ると気づく衣装にしみた不思議な香りは、汗と土と自然の木々を燻したようでそれすらもひとつの演出かのような。全てが圧倒的な近さゆえ感じられて、まさに五感体感型アトラクションのような観劇。
>
>
>私はゴベリントン役の人の演技力に特に圧倒された。全身で語るってこういうことなんだろうなと。人間離れした身体能力も凄まじい。だって窓を助走なしで飛び越えて、高所を軽々と動き&這い回り、飛び降りるときの身の軽さって、ハンパじゃなかった。
>
>
>愛娘を死なせた苦悩と罪の意識でゴベリントンに身を変えていく姿は、ふと、昔国語の授業で読んだ「とししゅん」(…って漢字がわからんな…)を思い出した。慟哭のなか虎に姿を変えていく男のような。

>死体洗いのおばあさん役の方も、いつも大好きなんだけど、今回もすごかった。社会のアウトサイダーとして忌み嫌われて生きてきた重みと、でも生き延びるためには何でもやるといった開き直りによるある種の自由さが体現できてて。
>ジプシー・河原者・魔女…そういった生死と闇と疎外による自由を抱いてきた人間の業を、ただの悪者になるだけでなく演じきっていた。あの銃を渡しさえしなければ、彼女は社会に必要なおくりびと…。』



方々で噂になっていて、口コミでの当日券を買い求める人も増えて来ていています。
演劇というより
アトラクションという言葉がしっくりする「ゴベリンドンの沼」

既存の劇場ではなく
廃工場でのロングラン
こんなこと
2回も3回もできないと思います。
今しかありません。
本当に、本当に絶対に見逃さないでください。

役者の怪我で10月7日の千秋楽前に閉幕なんて事も無きにしもあらず!
なるべく早い時期に見た方がいいかと(笑)


http://www.google.com/gwt/x?client=ms-kddi-gws-jp&gl=JP&guid=on&wsc=tb&source=sg&u=http%3A%2F%2Fobonro2012-9.jimdo.com/&ei=H18aUOyYNYyZlQXjrYDoBg
[PR]
by rinpei-710 | 2012-09-22 11:47 | 日々!!

記憶に残せるよう

今日
当日券で
見に来てくれた人達が沢山いて、その中に二人、ビックリした人がいた。

「福岡から来たんです。東京でちょうど学会があったから、観に来れたんです」
「前回の狼少年をすごく観たかったんだけど見れなくて…」

「僕、りんぺいさんのマイミクなんです」

「mixiのログインの仕方が解らなくなって、もうmixiはやれてないんですけど」
なんという事だ。
あまりの事に、鳥肌たったよ。どうやって今回の情報を知ったのか聞きそびれたけど、まさか、来てくれるなんて。こんな事があるんだ。本当にありがとう。会えてすごく嬉しかった。


そして
二人め。

「今日はどのようにこの公演を知ったんですか?」

と聞いたら、

「こりっちで凄い評判だったので気になったんです。あの、高橋倫平さんは、ワンオンワンに出演されていましたか?」

まさか、こんな所で 5年位前にずっと出演していたミュージカル劇団の名前が出てくるとは思わなかった。
「突然、出演しなくなったので、もう辞められてしまったのかなと思っていたんですが、今回公演に名前を発見したので、珍しい名前だからもしかして、と思って来たんです」

話をしたら、本当に詳しく知っていて、ビックリした。
懐かしい気持ちと共に

あぁ
俺がしてたことは無駄じゃなかったんだなぁ
ちゃんと覚えてくれてる人がいたんだ

って。

星の数ほど上演された舞台があって、あほみたいに「役者やってます」ってのがいて、

そんなかの一人としてずっと疎遠になっていたはずなのに
名前を覚えて貰えてたなんて。

なんか、めっちゃ嬉しかったわ。


そんな今日。

やっと家についた。
またこんな時間になっちゃった、明日は昼夜公演。


ただ好きだからってできることじゃない。

色んな人に支えられてる。

残り23ステージ。
何が起こるかわからないけど。
人の記憶に何かを残せるようにがんばります。

本当にありがとうございます。
[PR]
by rinpei-710 | 2012-09-21 02:27 | 日々!!

2012年 マイベスト1だし あと4ヶ月で塗り替えられそうにもないほど。

観劇をしに来てくれた人には絶対に何かを残さなければならない。

お金を払って見に来てもらっているんだ。
そんなの当たり前だ。

チケット代よりも高い交通費を払って見に来てくれる人にはなおさらだ。

遊びでやってる訳じゃない。こんな苦しいことを遊びでできるか〜い!傷だらけになって、ボロボロになって。

提供するモノに
もっと責任を持たなければならない。

いつだってみんなに宣伝する作品は、自分が自信をもって進められる作品。
それなりに、その作品を楽しんで貰えると思うから案内をする。
それでも千差万別。
面白いモノだと思っても
その人にとってはつまらないモノかもしれない。
俺がつまらないと思った作品を楽しいと思う人もいる。

高い評価を頂けるようになって、俺がやってることは正しいと少しは自信を持つことが出来るようになったとはいえ、俺の自信なんてみじんこみたいなモンだ。でも、そのみじんこを信じてやらねば、何も残らん。
おぼんろ、ゴベリンドンの沼。

「2012年 マイベスト1だし あと4ヶ月で塗り替えられそうにもないほど。」
遠方から
時間もお金もかけて見に来てくれた人がこう言うふうに言ってくれる。

涙ちょちょぎれるほど感謝です。

この作品があなたの何かになりますように。

今日もボロボロになってきます。
[PR]
by rinpei-710 | 2012-09-14 12:13 | 日々!!



役者「高橋倫平」の未知で無茶な感じをちょこちょことね! 日々向上の旅 刺激をもとめ上へ上へ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
メモ帳
CoRichブログランキング

ユーチューブで「りんぺい」で検索するとりんぺいバンジー他色々な動画みれますよw
以前の記事
検索
人気ジャンル
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧