「ほっ」と。キャンペーン

高橋倫平 とは俺のことだい!

自分に刺激を与えてくれるのならば、何でも良い。

朝起きたら、うちの啓子さんがパソコン向かって仕事をしてた。
おもわず「何考えてんだ!」って言った。
うちの啓子さんミニチュアだけど、いい歳なんです。
なのに、夜更かししてまで仕事して、時給に換算するといくらなんだ!
と思いっきり突っ込みたいです。
そんな俺は、午前中にバイトを終わらせる始末。
それはそれでどうかと思う。もっと働かせてくれとも思うが、できた時間を有効利用しなければと考える。

自分に刺激を与えてくれるのならば、何でも良い。

とかなんとか思ってるけど、胃に穴が開きそうな刺激は今はいらないよ!(涙)もっとプラスになる刺激をくれ。

時間がないからと黙々と向き合うより、時間をとってでも何かを感じた方が、プラスになるのかもしれない。

ただただ、もんもんとパソコンと向かいあうことより、
やっぱり刺激があったほうが、違う。
内から搾り出すモノと
外から取り入れるモノ。

縛りだし過ぎて、どこかの誰かさんみたいに病院のベットから空を眺めるみたいのは、演者としては勘弁だw

最近発見したこと。

作家として自分が書いた物語を
役者の自分が演じたら、
面白いことになった。


役者は、物語を忠実にこなすだけじゃなく、
その世界をさらに膨らませるっていう作業が必要。
こんなものを持って来てくれたのか!!って
台本を読むって力もやっぱり必要なんだと思うけど。
あらゆる方向からそのモノにアプローチをかける。
そして、そこに演出家との切磋琢磨があって、
その積み重ねが、一つの世界を生み出す。

常に役者として意外性を持ち続けたい。

脚本家脳、演出家脳、役者脳、
オウオウ、今回は大変だな。
脳味噌使いすぎて、体重減りそうだ。
時と場合によって、割り切れる自分でいたい。

そんな俺を癒してください。(涙)

[PR]
by rinpei-710 | 2009-06-08 23:59
<< 俺の脳味噌にガツンと熱いモノを... 十人十色千差万別のこの世界で何... >>



役者「高橋倫平」の未知で無茶な感じをちょこちょことね! 日々向上の旅 刺激をもとめ上へ上へ
メモ帳
CoRichブログランキング

ユーチューブで「りんぺい」で検索するとりんぺいバンジー他色々な動画みれますよw
以前の記事
検索
人気ジャンル
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧