高橋倫平 とは俺のことだい!

ヴァージンだから真価と進化が問われたりするわけ。

今年の夏は、路上演劇で、暑い夏をさらに暑くしてやろうと、
意気込んでいるしだいでございます。

こんにちわこんばんわ、知っている人も知らない人も、
役者もやってますPちゃんこと りんぺいです。

劇場での芝居はかれこれ15年くらいやってきて、少なくても年に3回以上、トータル45本以上の舞台に立ってきた訳でありますが、

・・・ しみじみ、、良くやったな。。。

と、今数字にしてみたら、思ってしまいました。

今年の夏
今、お世話になっている、、、お世話をしている? 劇団おぼんろが、
出だしでも書いた、「路上芝居」を区内各所でする予定なのです。

舞台が路上なんですよ。意外に長いこと演劇というものに携わって来ましたけど、
こればかりは ヴァージンです。

劇場には当たり前のように、それを見に来る人間が集まる訳だけど、
路上となるとそうもいかない。
行き交う人たちの足を止め、ひと時の時間、そこに留まってもらわなければならない。大道芸とは違い、演劇というモノにはストーリーが存在するわけで、
これまた、最初から見ていないと、チンプンカンプンだったりなんて、落ちがあったりするけど、最初から見ていなくても、

「うわぁ~」

と目を引くものを作り上げていかないとならない。
これが、中々労力のいる作業なんだけど、見てくれる人が、楽しんでくれるなら、
そんなものなんのその。

昔はただ、演劇が、演じることがが好きなだけだったけど、
今は、自分ではなく、人をいかに楽しませるか?の為に、血肉を削っとります。


 今夏の路上で真価と進化が問われる。


俺の芝居は人の足を止めるに値する代物なのか。


駄目なら駄目、良いなら良い。
どんな事になっても、それでさらにステップアップすることは間違いないのだ。

そして
ちょっとの道具、スピーカー、と身体一つでいつか世界の路上を回ってみたいものだ。
[PR]
by rinpei-710 | 2012-07-07 19:06 | おぼんろ
<< 一発こっきりで、向き合う人間に... 毎朝ラジオでやっている、リポビ... >>



役者「高橋倫平」の未知で無茶な感じをちょこちょことね! 日々向上の旅 刺激をもとめ上へ上へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
CoRichブログランキング

ユーチューブで「りんぺい」で検索するとりんぺいバンジー他色々な動画みれますよw
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧