高橋倫平 とは俺のことだい!

ホーム

駅のホームと言うものはとても流動的だ。当たり前な話だ。電車は人を運ぶのだから、ホームにやってきた人間は、その電車に乗り込むのが当たり前だったりするのだ。
朝、夜のラッシュアワーとやら、それはそれは、人がたくさん流れる。そこに留まり続けるのは、駅員さんくらいだ。
駅員さん、すごいな、唯一、変わらない存在だ。

ホームのベンチで本を読んでた。1時間以上。ふと我に返って、

「あぁ、異分子だ。」
当たり前じゃない存在としている自分に面白くなった。

意外にこういう場所とかの方が集中できるんだよな。
ただ本を読むために、電車に乗り続けたり。家に帰ると、余計な事がしたくなるから。

でも、さすがに帰るかな、そろそろ2時間たってしまう。

20歳くらいの時、金沢のおばあちゃんの家に2週間くらい過ごした時期があった。誰か友達になれないかな〜とちょっとお洒落な商店街のベンチにやっぱり2時間くらいいた。何もなかった。声をかけることも、声をかけられることも。 人と出会うのって簡単なようで難しい!とおばあちゃんの家に帰った。

そんな時期もあったなぁ。若い。

ってふと思い出した。
帰ろっと!
[PR]
by rinpei-710 | 2011-11-08 19:15 | 日々!!
<< - 三国志 残してぇんだ証を。 >>



役者「高橋倫平」の未知で無茶な感じをちょこちょことね! 日々向上の旅 刺激をもとめ上へ上へ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳
CoRichブログランキング

ユーチューブで「りんぺい」で検索するとりんぺいバンジー他色々な動画みれますよw
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧