高橋倫平 とは俺のことだい!

そんなに面白いなら、見に行ってみよう!

気がつけば
本番4日目になります。
好評好評大好評の嵐で、本当に感謝観劇 No! 大感激!!です。
客席から涙ジュルジュルの音が芝居の後半から鳴り止みません。
みなさん花粉症ですか~!!??
ってくらい(笑)
まだ始まって3日しかたってないのに、すでにリピーターが出てるくらい!
超好評でございます!

23日のチケットの残りがハラハラドキドキな状態になっています。
もし、23日観劇希望の方は、なるべく早めの予約をお願いします!!

本日24日 14時&20時開演
両方とも、席に若干の余裕がありますので、
よし!
そんなに面白いなら、見に行ってみよう!

と、思ってしまったそこの貴方!!!
シャっピャっ!と連絡ください!
超ラブリーにお待ちしてます!


以下
口コミサイトこりっちにての「観てきた!」を引用させてもらいます。

○色々なモノがスケールアップしていた

初演の「狼少年」第7回公演の「ハッピー」に番外公演?「ブラックシューティングスター」を観劇しましたが、今回の「狼少年二星屑ヲ」が、今までで一番大きな劇場でした!といっても、50人60人入ればいっぱいになってしまいそうですが(笑)初めて、劇場らしい劇場で、おぼんろの演劇を見させていただきました。音響、照明、美術。初演の手作り感満載の「狼少年」もとても素敵でしたが、スケールアップした再演の「狼少年」もやはり素敵でした。あのときの涙を思い出すが如く、涙なしではやはり見られませんでした。 「キンキラキンのラブ」 私は手に入れることができるでしょうか。まだ残り15ステージもありますが、何回見に行けるかな?とスケジュール帳とにらめっこします。今回はリピーター言い値(別途ワンドリンク700円)ですし、軽く一杯感覚で、お芝居も見れるなんて、お得ですね(笑)何回か見たい人にはありがたい限りです。リピートする際はちゃんと、友達も連れて行きます!


○空間を共有して、一緒に体験

絵空箱の中に入るといつもとは異なる空間となっている。椅子は入口側(最後列となる)の壁に4脚のみ、あとは床に座布団が敷き詰められている。客は靴を脱いで席につく。客入れと同時にメイクと扮装をすませた役者が客の間を歩き回って話しかける。三方の壁は段ボールをはじめ、拾ってきたゴミを主にして作られたセットであるが、これがなんともいい味わいを醸し出している。


○やっぱり

キャストの秀逸さが、光った作品でした。その役柄が秘める心情はもちろん、何役か兼ねる時の、見事な演じ分け、流石のおぼんろメンバーでした。生きていく為に、求めてしまう夢と現実。それ故に切ないけれども、切ない故に求めてしまう、温もりと優しさ。温もりと優しさを、知るからの苦悩と孤独なのだが、キンキラリンのラブを信じられるかも?と思ってしまいました。 そして主宰が拾ってきた物で作り上げた美術も、作品の世界観を深めていて良かったです。特に、かなりの個数のシャトル(バトミントンのハネ)には驚かされたが、物語上の森であり、島特有の植物のようで、とても、良かったです。しかし、このかなりの個数のシャトルと、巡り合ったという主宰にも驚くが、それを活かした、美術担当の方も、素晴らしいです


また、下記のサイトから、さっそく公演写真が覗けます!

http://obonro-2011-10.jimdo.com/ギャラリー-2011/
[PR]
by rinpei-710 | 2011-10-22 09:59 | おぼんろ
<< あれから、10年以上経って、今... 今日で終わりました! >>



役者「高橋倫平」の未知で無茶な感じをちょこちょことね! 日々向上の旅 刺激をもとめ上へ上へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
CoRichブログランキング

ユーチューブで「りんぺい」で検索するとりんぺいバンジー他色々な動画みれますよw
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧