高橋倫平 とは俺のことだい!

青春18 と最高のアーティスト

d0143449_14501347.jpg

初めて独り旅をした高校1年の夏。こいつが奇跡の切符だと思った。

金なんて笑えるほどなくて、時間だけはべらぼうにあって。
粋がって、髪を赤くして、青色のグラサンをかけて。

5時くらい始発の上野駅始発の電車にゆられ、何度か乗り継ぎして延々と10何時間。岩手らへんで、おばあちゃんにみかんを貰ったのも懐かしい。

1日で行けるのが青森までで、その日は駅で段ボールをひいて野宿。駅前で路上ライブをしていたお兄さんの歌が、すごく良かったのを覚えてる。

あの人は、世に出る事もなく、普通の生活をして、今でもたまにギターを掻き鳴らし、家族に聞かせているのかもしれない。


俺にとっては最高のアーティストだった。


夏だっていうのに、朝の青森は阿呆みたいに寒くて、開店したばかりの駅横の食堂に逃げ込んで、アジのひらき定食550円を頼んだ。


そのアジが、今でも変わらず俺の人生で一番美味いと思った、アジのひらきだ。


青函トンネルをくぐって、函館へ。大荒れの立町岬。雲で100万ドルの夜景が1ミリも見れなかった函館山。五稜郭、土方歳三の碑に置いてあったノートに


「りんぺい参上!」



と書いたのが、各地で残す足跡の始まり。


ばっちり思春期とやらの期間にやった一人旅。感受性ってのが、アンテナビンビンで痛いほどだったんじゃないかって思う。



青春だったなぁ。



いつかまた
この切符で旅をしたい。時刻表とにらめっこして行き先を決めよう。昔より、恥じらいがなくなって、オープンになった俺は、きっとあの時、話し掛けられなかった路上ライブのお兄さんにだって話し掛けられる。


色々な出会いをもっと感じられる。


昔の俺
今の俺
先の俺


色々違うけど、
きっとその時間を最高に楽しんでるはずだ。


あはっ、沖縄日記書こうと思ったのに、思わず。
[PR]
by rinpei-710 | 2011-06-22 14:50 | 日々!!
<< 食べまくりな、旅のはじまり - >>



役者「高橋倫平」の未知で無茶な感じをちょこちょことね! 日々向上の旅 刺激をもとめ上へ上へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
CoRichブログランキング

ユーチューブで「りんぺい」で検索するとりんぺいバンジー他色々な動画みれますよw
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧