高橋倫平 とは俺のことだい!

「ごめんな。こんなことしかできないけど。」

水道の検針って2ヶ月に一度が基本なんです。
一つの季節が始まって、終わるくらいの期間にいっぺんの検針。
メータボックスの中にあるものもあるし、
地面についてる鉄板とかを空けたら、その中にあるヤツもある。

あけると色々なサプライズが合ったりするんです。
水が溜まってたり、ネズミがいたり、ナメクジがいたり、クモの巣がはってたり、トカゲが出てきたり、銀行の通帳とかはいてた時もあったな(笑)一番「うわっ!」って思うのは大量のゴキブリだね。
あれは、勘弁してくれ・・・って思う。
いつか、人様の死体とか入ってるときがあるんじゃないかって、ちょっと期待してる。
そんな地面の鉄板の中にね、


蝉の抜け殻があったの。



そして、蝉の死骸もあったの。



長い間、土の中にいて、やっと地上に出てきて、
たった1週間、彼らはこの世界を謳歌する。
一生懸命。命をかけて、鳴き続ける。
それが彼らの儚い一生。

暗い土の中で成長して、どれほど、青空を望んだことでしょう。
羽をめいいっぱい広げて、世界を飛び回ることを夢見たでしょう。




・・・こいつ。

空を見れなかったんだ。

どこにもいけなかったんだ。


この重い鉄板のせいで、自由を感じることができなかったんだ。


どんな思いでこいつは鳴いたんだろう。

「開けてくれよ~!」
「外に出たいよ~!!」
「飛びたいんだよ~!!!」

鳴き声はいつからか泣き声に変わっていったのだろうか。
もっと早く、この鉄板を開けてあげることができたら・・・。


その死骸はカラカラになっていて、
今にも崩れそうだった。


俺はそいつを、ボックスの中から取り出してあげた。


もう手遅れだってことはわかってるけど、
それでも、外の景色を見せてあげたかったんだ。


「ごめんな。こんなことしかできないけど。」


その日の空は、
ちょっと夏の暑さを取り戻し、雲がふんわりと浮かんでいる
気持ち良すぎる空だった。
[PR]
by rinpei-710 | 2010-10-03 22:00 | おもしろ系
<< いってきます! 目ん玉、キラキラさせて、いつで... >>



役者「高橋倫平」の未知で無茶な感じをちょこちょことね! 日々向上の旅 刺激をもとめ上へ上へ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳
CoRichブログランキング

ユーチューブで「りんぺい」で検索するとりんぺいバンジー他色々な動画みれますよw
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧